--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2006.12.12 *Tue

色のない世界

夢を見る
目の前は光も音もなく、歩いても歩いている感覚すらない
助けてと叫びも声にならず
涙を流しているのかさえ分からない

目が醒めると薄暗い闇の中、一人立っていた
目の前にうっすらと白い道が見える
先の見えない道
とりあえず歩いてみることにした
時間の感覚が分からない
何分歩いただろう
いや数時間歩いたのだろうか
疲れの感覚すらない

目の前に一人の男が立っていた
私が目の前にいるのに、別の方向を見ている
すみませんと声をかけた
ここはどこですか?
男は何も答えなかった
男は瞬きすらせず、ある一点だけを見つめていた
道の先

気味が悪くてまた歩き出した
振り返り男を見ると変わらず瞬きすらしていなかった
どれだけ歩いただろう
もうわからないくらい歩いた
道に終わりがないように思えた

突然目の前に扉が現れた
もう驚くことにすら忘れてしまった
扉を開けると光が差し込んできた
そこは色のない花畑だった

色のない花畑を歩いていると一人の少女が花摘みをしていた
こんなところで何をしているの?
お花を摘んでいるの
どうしてお花を摘んでいるの?
お花を摘みたいから摘んでいるの
なぜあなたはここにいるの?
少女の動きが止まって私を見つめた

あなたこそなんでここにいるの?
19:17CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

チャーコ

Author:チャーコ
猫大好き!いつか猫が飼いたい



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © チャーコの徒然日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。